Goレミットで電信送金 / GoRemit

Goレミットで電信送金 ひとむかし前には海外送金は、その都度銀行まで足を運んで送金依頼書に記入しなければできませんでした。国境を超えたグローバル金融や、インターネットバンキングの発達でいまでは、日本国内のATMやインターネットバンキングを使って、日本円を振り込むだけでHSBC香港の自分の口座へ海外送金できるサービス「Goレミット(旧名称Goロイズ)」が登場しています。
英国系のロイズ銀行は1975年に日本に進出後、外貨預金業務のほか海外送金サービス「Goロイズ」に力を入れていましたが、2013年に日本からの撤退に伴い、邦銀である新生銀行への海外送金サービスの事業譲渡するかたちで、名称がGoロイズ海外送金サービスから「Goレミット新生海外送金サービス」に変更されています。

Goロイズからレミットになる上での変更点は2つ Two changes from Lloyds Bank

2013年3月からロイズ銀行から新生銀行への海外送金サービスの事業譲渡により、Goロイズ海外送金サービス(ロイズ銀行提供)からGoレミット新生海外送金サービス(新生銀行提供)に変わりましたが、サービス自体の変更点は以下です。

  1. 国内振込先情報の変更
    振込先銀行は三井住友銀行で変わりはないのですが、口座名義が株式会社新生銀行である「カ)シンセイギンコウ」となりました。
  2. Correspondent Bankコルレスバンク(中継銀行)の変更
    全通貨の中継銀行が自社ロイズ銀行から米国系のシティバンクに変わりました。

Goレミットで海外送金 Go Remit

Goレミットを利用するには、個人法人問わずオンライン申込みができますが、別途書類をプリントアウトしサイン記載や本人確認書類を郵送する必要あるので、2週間ほど要しすぐには海外送金ができないのが問題です。ただ、一度登録してしまえさえすれば、毎月や数カ月に一度必ず送金がある場合「定期的な送金先への海外送金」には、非常に便利で割安なサービスであるといえます。
申し込み登録すると、振込先の複数口座を指定するとができるようになります。 送金方法はATMやインターネットバンキングから指定の国内口座(三井住友銀行内の新生銀行口座)に振り込むだけです。米ドルや香港ドルの他にも円、英ポンド、ユーロ、オーストラリアドル等の通貨で利用できます。
詳細は新生銀行のホームページを確認してください。
https://www.shinseibank.com/goremit/

Goレミットの手数料 Charges

  1. 海外送金手数料として2,000円
    ※円建て送金の場合、上記に加え送金額の0.1%(最低1,500円、つまり150万円未満であると損失が発生)の円為替手数料
  2. 為替手数料
    送金日のGoレミット専用TTSレートで換算

日本から送金するならHSBCの口座には米ドルや香港ドル建てではなく、日本円建てで送金することをお勧めしています。これは、Goレミット専用TTSレートは、HSBC香港の為替レートに比べて割り高であるためです。

為替レート Current Exchange Rates

ご参考までに下記のURLから為替レートを取得し、某日の為替レートをテーブルに記録します。
新生銀行: https://www.shinseibank.com/goremit/exchange/
HSBC香港: https://www.personal.hsbc.com.hk/1/2/hk/investments/mkt-info/fcy

為替手数料の比較
GoRemit HSBC香港
為替URL 新生銀行のTTS HSBC香港のTT Bank Buy
某日の香港ドル/日本円 13.84 0.07363

例えば、100万円をGoRemit予め両替しておいた場合、72,046香港ドルになり、同額の100万円をHSBC香港の口座ないで両替した場合73,630香港ドルとなり約1,600香港ドルの差額が出てきます。
つまり、円建てでそのまま香港HSBCに送金しまい、HSBC香港内で両替するのが程度お得だということになります。

海外送金につき手数料例 Examples TT charges

例えば393,500円を三井住友銀行のATMに入れてHSBC香港の法人口座あてに送金した場合、海外送金手数料2,000円と円為替手数料1,500円の他、HSBC香港側の受け取り手数料65香港ドルが発生し、HSBC香港には約389,000円程度が入金されることになります。
つまり、合計一回約40万円の海外送金であると、4,000程度が送金の経費として発生することになります。

Goレミットで海外送金するメリットとデメリット

都市銀行に比べて手数料が割安なところが最大のメリットとなり、そのほか三井住友銀行が近所にあれば、所定の三井住友銀行の口座に円を振り込めばそのまま海外送金ができる手軽さもメリットと言えます。

  1. ATMに入金するだけで海外送金ができる
  2. 多通貨での送金に対応
  3. インターネットバンキングでの送金もできる

香港にてHSBC香港の口座開設とアフターサポート

HSBC香港上海銀行(香港上海滙豐銀行)の当社、口座開設とアフターサポートの料金表です。

HSBC香港の口座開設サポート
口座グレード 通訳アテンド,サポート料(HK$)

SmartVantageスマートバンテージ
総合口座5,000
HSBCアドバンス口座
HSBC Advanceアドバンス
HSBCプレミア口座
HSBC Premierプレミア
HSBCジェイド口座
HSBC Jadeジェイド

海外投資家を始めようとする新規顧客や既存顧客を問わず、アフターサポートを提供しております。

オフショア銀行アフター サポート内容
サポート内容抜粋 料金(HK$)
香港での投資商品のご案内 無料
住所や電話番号変更手続き 1,000/回 ※弊社の顧客は無料
口座解約の手続き 2,000/回
香港にて凍結解除手続き 2,000/回
渡航不要にて凍結解除手続き 3,500/回
オンライン操作サポート 5,000/年
その他、各種手続きやトラブル解決や通訳 お問合せください

HSBC香港の基本情報 Fundamental information of HSBC Hong Kong

HSBC香港銀行は、イギリスの金融グループHSBCホールディングス傘下の銀行で香港に本店を置き、香港ドル発券銀行です。世界で最も信用度の高い金融機関の一つとして評価されています。
現在は、世界最大の格付け会社である“S&P”により、AA-(長期格付け)と格付けされリーマンショック以降も高い信用力を維持しています。日本からもっとも近いオフショア地域で信用力の高い銀行であるので、ペイオフ対策として資産保全のために使用できる銀行と言えるのではないでしょうか。
非居住者にも口座開設を開放しているため、多くの日本人旅行者が香港へ訪れHSBC香港の口座開設や資産運用を行っています。

名称 The Hong Kong and Shanghai Banking Corporation Limited / 香港上海滙豐銀行有限公司
又は単に
HSBC Hong Kong
本店所在地 1 Queen's Road Central Hong Kong SAR / 香港中環皇后大道中1号
営業時間 ※香港時間 月~金曜日: 9:00~16:30
土曜日: 9:00~13:00
電話番号 ※口座クラス別 HSBC Jadeジェイド: +852 2233 3033
HSBC Premierプレミア: +852 2233 3322
HSBC Advanceアドバンス: +852 2748 8333
その他: +852 2233 3000
ホームページURL https://www.hsbc.com.hk/
申請書等の送付先 P.O. Box 72677, Kowloon Central Post Office, Kowloon,Hong Kong SAR / 香港九龍中央郵政総局信箱 72677号
SWIFT Codeスイフト コード HSBC HK HH