海外移住サポート

オフショアへの「海外移住」のメリット海外移住

  • 各国での居住ビザや永住権を取得して資産を分散移転
  • 不動産や国債、ファンド等への分散投資で資産防衛
  • 自国での税や社会保障費負担の上昇に備えて安定した国への移住
  • 家族も3,4世代申請可能なので教育と老後医療などへの備えも可能
  • 自国にいながらオンライン申請可能

海外移住
この国では何でこんなに生きづらさを感じるんだろう?と、どの国にも事情があり自国が住みずらく感じる人が一定数は存在します。特に日本では、特有の低成長や安全性等先が見通せない要素が数多くあるためです。コロナ禍ではより一層リスクが高まってきているので、資産も当然ですが自身や家族の居住できる場所のオプションを増やすことがとても重要になってきています。

移住先のお勧めはヨーロッパ Europe

税制面の考慮して移住先として近距離のオフショアの香港やフライトが7時間以上かかってしまいますがシンガポールも対象になる方が多いです。ただ、近年投資ビザが制限されて簡単に居住権とその更新、数年後の永住権の取得まで辿りつけなく困っている方が多いのではないでしょうか。

国名 投資条件(代表的なもの) 取得権利 滞在条件 同行家族
ポルトガル €50万の不動産購入(5年保有)
or
€35万のファンド投資(5年所有)
居住権 1年間目7日
後2年間で14日
三世代
マルタ €25万の国債購入(€10万でローン可能)
or
不動産購入し5年所有€32万/€27万(地域による)
永住権 なし 四世代

入国しなくても申請可能 No need to enter the country to apply

自国に居ながら移住申請可能となり、既に各国多くの方が入国せずに申請を始めています。
例えばポルトガルの場合、不動産情報を豊富な写真と動画等でご案内の上、現地デベロッパーとオンライン商談と交渉ができます。その後、弁護士立ち合いのもとオンラインにて不動産売買契約書に署名し契約が締結されます。ただし、マルタの場合は賃貸でも可。現地の弁護士に代理委任する方式で、銀行口座開設と土地権利証発行、不動産登記を行いいます。
最後に、ゴールデンビザをオンライン申請が可能となります。