Generali / ジェネラリ

1970年代から、ジェネラリ香港は、人々の生活と夢を大切にすることで、より安全な未来を形成することを可能にしてきました。
長年にわたり、私たちはお客様固有の要件を理解することに重点を置いてきました。これは、変化するお客様のニーズを満たすソリューションを提供する上で、私たちの行動の核となるものです。
幅広い販売網と仲介業者とのパートナーシップ、そして地域に関する知識とジェネラリ・グループのグローバルネットワークおよび経験との組み合わせにより、私たちはお客様のためにユニークで革新的、かつシンプルで柔軟な金融ソリューションを開発しています。

より安全で持続可能な未来のために、数世紀に渡るコミットメント
1831年12月26日にトリエステで創業したゼネラリは、近代が形成された3世紀を生き抜き、190年の歴史を誇る世界でも数少ない企業の一つです。保険会社としてだけでなく、社会的なイノベーターとして、ステークホルダーの皆様のライフタイムパートナーとなるための最良の解決策を見出し、今日の課題に効果的に取り組み、事業を展開する地域社会の将来を導くことができるのは、知識、経験、事業イニシアティブからなる独自の遺産があるからこそです。
ジェネラリは、創業190周年を記念し、創業・繁栄した地域と当社とのつながりを具体的かつ長期的に残すため、5年間で35億ユーロの投資計画「Fenice 190」を開始し、欧州と実体経済の持続的回復を支援します。
グループの190周年を記念して、2021年全体を通して様々な取り組みが行われます。特に、12月にはベニスのヴェッキエ総督府の修復が完了し、500年ぶりに一般公開されるとともに、ヒューマン・セーフティ・ネット財団の本部となる予定です。9月には、事業活動において顕著な持続可能性イニシアティブを実施している欧州の中小企業を対象としたジェネラリの旗艦イニシアチブであるEnterPRIZEの第1回が開催されます。また、創業の地であるトリエステでは、歴史資料館をパラッツォ・ベルラムの新装開館スペースで一般公開します。このスペースには、グループの国際研修センターであるアカデミーも併設されています。